So-net無料ブログ作成
検索選択
狂言 和泉元彌 ブログトップ

狂言 和泉元彌 [狂言 和泉元彌]

狂言師の和泉元彌さん らが講師を務める東宝芸能の子どものための能力開発スクール「東宝ジュニア」。

夏休みに1週間の特別講座「夏期集中講座 東宝ジュニアサマースクール2013」 が開講する。昨年の夏も同様の講座を担当。

和泉元彌 「一人きりと一人だけ 狂言和泉流宗家相伝のこころ」

元彌さんは講座の一つ「和泉元彌の楽しい狂言教室~狂言に触れてみよう~」 を受け持ち、小学1年生~中学3年生を対象に600年の歴史を持つ狂言の心を伝える。

元彌さんは現在、11歳の娘と8歳の息子の父である小学校でPTA会長を務めるなど子供の教育にも熱心だ。

父・元秀さんの下で1歳半から狂言を学び、4歳で初舞台を踏んだ。狂言のけいこは、口伝で型を伝えていくが、同時にその型に込められた心を受け継ぐものだという。

元彌さんは「型と心を伝えてこそ芸を受け継いだことになる。狂言はすべて約束事、アドリブがないんです。けれども型という器だけでなく、生身の人間が真剣に教えてくれることで心が伝わるんです」 と講座を受け持つ。

「狂言を通じて600年前の日本人はこういうことが美しいと思っていたんだとか、昔の日本人の四季折々の豊かな感性、ユーモアのセンスを感じてほしい」 と。

元彌さんの講座「和泉元彌の楽しい狂言教室~狂言に触れてみよう~」 では、狂言の基本である小謡を通じてはっきりとした大きな声。

また 「小舞」 を通じて美しい立ち居振る舞いを身につけられるよう指導し、1週間の講座終了時には1曲の小舞が習得できることを目標としている。

元彌さんらが出演する狂言の舞台「第135回和泉会」 は、宝生能楽堂で開催。

東宝ジュニア事務局、ダイジョースタジオDスタジオ。水曜以外の平日午前10時~午後6時。
nice!(0) 
狂言 和泉元彌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。