So-net無料ブログ作成
凶悪-ある死刑囚の告発- ブログトップ

凶悪-ある死刑囚の告発- [凶悪-ある死刑囚の告発-]

映画「凶悪」の 予告編 が公開されました。原作は、『新潮45』編集部の記者が事件の真相から首謀者逮捕までを描き、凶悪事件を白日の下にさらしたノンフィクション犯罪ドキュメント「凶悪 -ある死刑囚の告発-」。

今回の予告編は死刑囚・須藤の 「自分には誰にも話していない余罪が、3件あります」 という告白にはじまる。

凶悪 ある死刑囚の告発
【送料無料】凶悪 [ 新潮45編集部 ]

【送料無料】凶悪 [ 新潮45編集部 ]
価格:580円(税込、送料込)


ジャーナリスト・藤井は、死刑囚・須藤が3件の余罪とその首謀者を告発したことを受け、事件の真相を暴くために奔走する。首謀者とされる男・木村は、須藤がかつて 「先生」 と慕っていた "死の錬金術師" だった。

その証言を手がかりに真相に迫ろうとする藤井だったが、周囲からは 「死刑囚の話なんか信じられるのかよ」、「なんの物証もなしに記事にして責任を負えるの?」 という厳しい声も。

映像がその余罪とされるシーンに移り変わると、木村の 「とにかくお酒飲ませて殺しちゃうけど。

それはほら、そちらが頼み込んできたわけだから」 や殺人を楽しむかのような高笑い、須藤の 「ぶち殺すぞ!」 と感情をむき出しにする姿など、2人の狂気的な一面が描かれる。

モントリオール世界映画祭に、正式出品されることが決定。故・若松孝二監督のまな弟子で、同作でメガホンを取った白石和彌監督。山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーらが出演。

「日本で実在した事件を元としたこの映画が、海外でどうリアリティを持って見てくれるのか、とても興味があります。スクリーンの中で役者の皆さんがより一層躍動してくれることを期待しています」 とコメント。

映画「凶悪」 は、9月21日に公開予定。
nice!(0) 
共通テーマ:映画
凶悪-ある死刑囚の告発- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。