So-net無料ブログ作成
ペナルティ 芸人 ブログトップ

ペナルティ 芸人 [ペナルティ 芸人]

お笑い芸人 「ペナルティ」 のヒデさん が、長編小説「四季折々 アタシと志木の物語」 の発売記念イベントを開催。

ヒデさんが、構想4年と執筆4年をかけて完成させた上下巻の大作。本名の 「中川秀樹」 名義で、小説家デビューを果たした。

中川秀樹 「四季折々(上) アタシと志木の物語」
【送料無料】四季折々(上) [ 中川秀樹 ]

【送料無料】四季折々(上) [ 中川秀樹 ]
価格:1,260円(税込、送料込)


20代のころから本が好きで書いてみたいと思っていたというヒデさんは、「4年前に 『嵐』 の二宮(和也) 君に 『やってみたら』 と背中を押されて……」 と執筆の経緯を説明。

相方のワッキーさんには、出版が決まるまで黙っていたといい「初めて言ったときは軽く舌打ちしてましたけど、今じゃ一番応援してくれてます」 と感謝の言葉を口にした。

原稿用紙900枚超という長編で、4年前から時間を見つけては全編スマートフォンと携帯電話で執筆した。「1日8時間くらい (スマホを) いじってたんじゃないですかね。腱鞘炎に悩まされ始めました」 と苦笑い。

「本屋さんで見たときは、感動しましたね」 としみじみ、執筆を後押しした二宮さんにも出版を報告したといい、「『読んでみたい』 と言ってくれてます。忙しいから読まないでしょうけどね」 と照れ笑いをした。

すでに新たな作品の執筆も終えているといい 「まったく違うストーリーで、そっちは2カ月でできた。そっちも竹書房さんで出していただけたらなと」 と色気を見せたそうです。

「もう作家先生? 芸人は?」 と質問されると、「やりますよ! ワッキーと頑張ります。まあ、でも、8割作家活動に力を入れたい」 と笑わる。

「本当に一人でも多くの方に読んで共感してもらって、夢のまた夢ですが、何とか賞とかもらえたら」 と思いをはせ、「4年間本当に真剣に書いた作品。一人でも多くの方に読んでほしい」 と呼びかけていた。

主人公の 「アタシ」 こと松本恭子が、志木護という社長と2人だけの 「四季」 という会社で、高齢の依頼者の「ある願い」 をかなえる業務にあたる。

日本の四季の移ろいとともに、四者四様の人生の物語を目の当たりにしながら成長していく姿を描く 「大人のファンタジー」 。

小説「四季折々 アタシと志木の物語」 は、只今絶賛発売中!

nice!(0) 
共通テーマ:芸能
ペナルティ 芸人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。