So-net無料ブログ作成
検索選択
真琴つばさ 舞台 ブログトップ

真琴つばさ 舞台 [真琴つばさ 舞台]

宝塚歌劇団の元月組トップスターの 真琴つばささん が出演する舞台「THE ALUCARD SHOW(ジ・アルカード・ショー)」 が、初日を迎えた。

「ジ・アルカード・ショー」 は、河原雅彦さんが演出するパフォーマンスショー。振付師・MIKIKOさんが、振り付けを担当することでも話題です。

真琴つばさ 「Winter dust」(CD)
真琴つばさ 「Winter dust」(CD)

真琴つばさ 「Winter dust」(CD)
価格:1,260円(税込、送料別)


真琴さんが演じるのは、国民的人気アーティストのマリア。自身のコンサートで謎の青年・ブラドを含めた7人のパフォーマンスグループ「アルカード」 に主役の座を奪われてしまうという。

真琴さんは、振り付けを担当するMIKIKOさんとの仕事は初めてだそうです。「可愛らしい感じの方なのに、ダイナミックな感じの振り付けで新しい感じがしました」 と目を輝かせてます。

謎の青年・ブラドを演じる松下優也さんをはじめ、7人のアルカードは “イケメン” ぞろい。

「(ショーを見て) たくさんの方が 『アルカード』 に魂を “吸われる” と思うんですが、私も若いエネルギーを吸い取りたいと思います」 とちゃめっ気たっぷりに語っている。

「もともとポジティブな人はポジティブだし、ネガティブな人はネガティブ。(ポジティブな方に)変えようとするからストレスになる。変えようと思わなければいいのでは? そのままでいれば上がってくるものだから」と語る。

真琴さんはどちらかというとインドア派で、海外ドラマを見たり一人でいることも好きという。「孤独とはちょっと違う」 と言い切ってます。

「孤独って孤立無援。誰も助けてくれる人がいない状態だと思う。孤立してしまうことが孤独なんじゃないかな」 と。

「私は会いたいときや気が向いて声を掛けたときに誰かがいてくれる。一緒に過ごしてくれたり、飼い猫を預かってくれたり、お料理をしにきてくれたりする友人がいる。好きなときに一人になれる。幸せですね」と笑ってる。

 「ジ・アルカード・ショー」は8月25日まで「AiiA Theater Tokyo(アイア シアター トーキョー)」(東京都渋谷区)で上演。
nice!(0) 
共通テーマ:演劇
真琴つばさ 舞台 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。