So-net無料ブログ作成
林修 子ども ブログトップ

林修 子ども [林修 子ども]

林修さん が、イベント「お台場合衆国」 のお台場マイナビステージに登場し、一般から募集された14人の小学生の子どもを対象にガムにまつわる特別授業を行った。

今回の授業は、「お台場合衆国」 内にある 「ロッテドリーム合衆国」 のガム専門ブース「クレイジーガム放送局」 で上映されている林さん出演の動画『今でしょ!! ガムでしょ!!』。

林修 「今やる人になる40の習慣」
【送料無料】今やる人になる40の習慣 [ 林修 ]

【送料無料】今やる人になる40の習慣 [ 林修 ]
価格:1,260円(税込、送料込)


夏休みの、子どもたちに向けて行った特別授業。家族連れで賑わうお台場合衆国の会場には、子どもたちやその両親など多数の人が駆けつけ林さんの話に耳を傾けた。

この日の授業では、ガムにまつわる言葉やことわざとして 「窮鼠猫を噛む」 の意味や類似語を解説したほか、「テレビでは言わない」 という 「読書感想文を書くコツ」 も指導。

林さんによると、まず最初にあらすじを全体の3割以内で書き次に感想。そして、何でそう思ったのかという理由付け最後に主人公と自分の比較を入れるのが、誰でもうまく書ける書き方だという。

特に 「理由付けは大事で、これを入れると感想文がしっくりくる」 と説明。

読書感想文に、苦労する子どもたちが多い言われる昨今。ステージで授業を聞いた子どもたちの中にも、メモをとって真剣に聞き入る子も見られ夏休みに役立つ授業になった。

林さんは「10歳までは脳が成長するんだよ。ここで鍛えておかないと上がっていかない。ここが勝負だよ!」と子どもたちに語りかけた。

「噛むことは脳に伝わってとてもいい。しっかりと固いものやガムを噛んで」と教授。
最後には、林さんの名言でもある 「いつやるか、今でしょ!!」 と子どもたちに断言しこの日の授業を終えた。

nice!(0) 
共通テーマ:芸能
林修 子ども ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。