So-net無料ブログ作成
検索選択
謝罪の王様 阿部サダヲ ブログトップ

謝罪の王様 阿部サダヲ [謝罪の王様 阿部サダヲ]

映画「謝罪の王様」 のニューヨークプレミア上映が、リンカーンセンター敷地内の 「Bruno Walter Auditorium」 で行われた。阿部サダヲ、竹野内豊が舞台あいさつを行った。

阿部サダヲ、宮藤官九郎、水田伸生監督が映画「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」 に続いてタッグを組み、"謝罪" をテーマにした風刺コメディー。

映画「謝罪の王様」 オリジナル・サウンドトラック

依頼人から舞い込むさまざまな問題を "謝罪" で解決する謝罪師・黒島譲を中心に、日常のトラブルから芸能人の謝罪会見や国家存続の危機まで大小さまざまな6つのエピソードが交錯する。

物語のキーとなる 、「わき毛ボーボーダンスの自由の女神ポーズ」 が度々登場。

主演の阿部と超一流国際弁護士役の竹野内は、自由の女神像のほかニューヨークの人気スポットであるタイムズスクエアやブルックリン橋などを訪れこの "わき毛ボーボーダンス" を披露した。

2人は上映前に登壇し、英語であいさつ。今回初めてニューヨークを訪れたという阿部は、「こうしてここに来ることができてうれしいです」 と喜びを伝えた。

「スタッフに英語で話すように言われたんですけど…ごめんなさい、英語は話せません。大変、申し訳ございません!」 と土下座。

アメリカ在住の観客を笑わせると、「僕はこの映画の中で何度も謝罪しています。ドゲザ、ドゲザ、ドゲザ、スミマセン、スミマセン…。皆さんがこの映画を見に来てくれてうれしいです。ありがとうございます」 と感謝の言葉を伝えた。

竹野内も「皆さん、こんばんは。竹野内豊です。今日はここに来ることができてうれしいです。また、皆さんにこの映画を楽しんでいただけたらうれしいです」 と英語でスピーチ。

さらに「でも、もし気に入らなかったら、忘れてください」 とアルパチーノ風に 「Forget about it」 と語り、「ありがとうございます」 と結んだ。

映画「謝罪の王様」 は、9月28日公開です。
nice!(0) 
共通テーマ:映画

謝罪の王様 阿部サダヲ [謝罪の王様 阿部サダヲ]

映画「謝罪の王様」 の完成披露記者会見がわれ、キャストの阿部サダヲさん、井上真央さん、行竹野内豊さん、岡田将生さんらが出席した。

映画「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」 に続き、阿部サダヲ × 宮藤官九郎( 脚本) × 水田伸生監督がタッグを組んだ。
"謝罪" をテーマにした風刺コメディー作品。

阿部サダヲ 「Get the 舞妓Haaaan!!! Ride!!!」

依頼人から舞い込む様々な問題を "謝罪" で解決する謝罪師・黒島譲を中心に、日常のトラブルから芸能人の謝罪会見、国家存亡の危機まで大小様々な6つのエピソード。

会見はほかに、荒川良々さん、濱田岳さん、松本俊夫 (EXILE・MATSU)さん、高橋克実さん、松雪泰子さん、脚本の宮藤さんと水田監督が出席した。

登壇者全員が 「申し訳ございません!」 と頭を深く下げるという謝罪会見風にスタート。阿部さんは「もうちょっと笑いが起きるはずなんですが……。映画はもうちょっと面白いです」 と苦笑いであいさつ。

「2013年の邦画実写映画でNo.1になります! 生意気言って申し訳ありません!」 と "謝罪" して報道陣の笑いを誘った。

井上さんは「阿部さんを蹴飛ばしたり、岡田くんの足を踏んづけたり。高橋さんを 『はいはい』 ってあしらうのもスッキリというか楽しかったです」 と笑み。

「阿部さんの舞台を見て 『見なきゃ良かった。疲れた』 って言ってすみません」 と "謝罪"。

井上さんは、劇中でレオタード姿でのダンスシーンに挑戦。
荒川さんに「ピンクのレオタード姿にドキッとしてすみませんでした」 と "謝罪" され、「『何でもやるぞ!』 というアピールが出来たらと。ドキッとしてもらえて良かったです」 と照れ笑いしていた。

阿部さんが「みんなの謝り方が面白くてマネしたくなった。コメディ作品を作る側としては、笑顔になってくれるのが幸せ」 とあいさつすると、観客は拍手喝采。

映画「謝罪の王様」 は、9月28日から全国公開予定。
nice!(0) 
共通テーマ:映画
謝罪の王様 阿部サダヲ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。