So-net無料ブログ作成
検索選択
徳永えり あまちゃん ブログトップ

徳永えり あまちゃん [徳永えり あまちゃん]

「あまちゃん」は放送20週目ので、宮本信子さん 演じるヒロインの 「祖母・天野夏」 の少女時代を軸に物語が展開。当時19歳だった夏が新人歌手の 「橋幸夫」 に夢中だった、おっかけの青春時代が明らかになる。

早速、放送で若かりし夏が登場し、その名前は “徳永えり“ 。女優を見て 「『梅ちゃん先生』 の弥生さんだった子だ!」 と、思い出した人はかなりの “朝ドラ通“ だ。

仲代達矢・徳永えり 「春との旅」

映画「春との旅」 で、スポニチグランプリ新人賞を受賞。共演した仲代達矢さんからは、「スター誕生」 と称賛された逸材だ。

親しみの持てる柔らかな表情が印象的で、一般的に知られるようになったのは朝ドラ「梅ちゃん先生」 で堀北真希さんの親友役を演じてから。

大阪生まれで、中学2年でティーン誌「プチレモン」 のモデルを始め高校1年でドラマの世界へ。こう見えて、ストリートダンスが得意という一面もある。

これまで出演した作品は、映画・ドラマ合わせて40本近く。25歳にして少女から母親まで幅広い役をこなしてきたが、代表作はなぜか親友役が多い。

「フラガール」 では蒼井優さん、「ハナミズキ」 では新垣結衣さん、そして梅ちゃん先生と、主演女優の良き理解者として起用されている。

取り立てて美人ではないし、オーラを放ちまくっているわけでもない。ドラマの途中から出演してもすぐに馴染んでしまう容姿と、オーラを持ち合わせている。

「それが “徳永えり“ という女優の最大の武器」 とは、コラムニストの桧山珠美さん。

主役ではなく、脇で存在感を発揮するバイプレーヤー。視聴者が嫌悪感を抱きにくいタヌキ顔の持ち主で、以前からNHKのドラマにちょくちょく起用されていました。

「梅ちゃん先生」 を機に “NHK御用達女優” としてまた一歩、その域に近づいた感じがします。

庶民派なので、顔と名前が一致するまで時間がかかりそうです。“夏ばっぱの少女役だった女優” といった具合に、まずは役柄で覚えてもらうのは女優として励みになる。

9月末の放送終了を前に、「あまちゃん女優」 がまたひとり増えたました。
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
徳永えり あまちゃん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。