So-net無料ブログ作成
AKB48 秋元才加 卒業セレモニー ブログトップ

AKB48 秋元才加 卒業セレモニー [AKB48 秋元才加 卒業セレモニー]

AKB48の 秋元才加さん が、AKB48劇場で卒業公演を行った。後輩から 「顔が好き」「体のラインがすてき」「肌がきれい」 などと褒められると今度は照れ笑い。

終盤には、卒業メンバーを含めた同期の第2期生 (梅田彩佳さん、宮澤佐江さん、河西智美さん、増田有華さん、松原夏海さん) が登場。

AKB48 「恋するフォーチュンクッキー」

秋元さんは、卒業ソングの 「強さと弱さの間で」「草原の奇跡」 を涙ながらに歌いつつも、大切な仲間たちに見送られたこともあって、その表情は晴れやかだった。

「背中で示す存在になりたい」 と公言していた秋元だが、スピーチではAKB48に加入したことをきっかけに自分が変わったことを告白。

「ファンの皆さんに支えられた毎日で、初めて (チームK) キャプテンという役職もいただきました」 と振り返り、

「学生の時は部活も休んでばかりで何も続かなかった私ですが、AKB48を辞めたいと思ったことはなかったです」 と胸を張る。

「ずっと劇場で踊っていたいですが、これから秋元才加として活動していくことが、AKB48への貢献だと思います」 と決断の真意を伝え、

「また、ここに戻ってこれそうな気もしています。たくさんの仲間たち、AKB48とこれからもつながっていくと思います」 と締めくくった。

アンコール明けには初めてのソロ曲「虫のバラード」 を披露。曲については、「歌詞も曲も難しくて、いつも裏では震えていた」 と意外な苦労話を明かす。

「歌詞の内容とは違うかもしれませんが、今日やっと笑顔で歌うことができます」 と満足気。背中で存在感を示しながらグループを牽引してきた秋元さん。

AKB48グループ全メンバーからのメッセージが収められた卒業アルバムが、そしてファンからは力強い "さやか" コールが送られた。

秋元さんは「幸せでした! 明日からも頑張ります! ありがとうございます!」 と感謝し、AKB48としての活動に幕を下ろした。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
AKB48 秋元才加 卒業セレモニー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。