So-net無料ブログ作成
検索選択
風立ちぬ 動員 ブログトップ

風立ちぬ 動員 [風立ちぬ 動員]

映画観客動員ランキングによると、約30万4600人を動員した 宮崎駿監督 の最新作 「風立ちぬ」 が7週連続で首位を獲得。累計では、動員約714万人、興行収入約88億円を記録している。

第70回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されており、現地での会見で宮崎監督の引退が発表された。最後の長編作品となることから、今後さらに成績の伸びが予想されている。

風立ちぬ

DCコミックの人気ヒーロー “スーパーマン” を、ザック・スナイダー監督が新たに映画化した「マン・オブ・スティール」 で初登場2位。全国610スクリーンで公開され、約21万2300人を動員し興行収入約2億6800万円。

3位は、オリジナルアニメを劇場化した 「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 が初登場。舞台のモデルになった埼玉県秩父市に、ファンが押し寄せる “聖地巡礼” 現象を巻き起こすなど人気を博している。

全国64スクリーンと少数の公開ながら、約16万1200人を動員し、興行収入約1億9800万円と健闘した。

瀧本美織さん初主演映画「貞子3D2」 が6位。全国232スクリーンで公開され、約11万3800人を動員し、興行収入は約1億6100万円だった。

前作「貞子3D」 から5年後、鮎川茜と安藤孝則との間に一人娘・凪が生まれるが、出産後に茜は死亡し、孝則の妹の楓子が凪を育てていた。そのころ、謎の動画を見た者による自殺騒動が再び世間をにぎわせる。

 

nice!(0) 
共通テーマ:映画
風立ちぬ 動員 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。