So-net無料ブログ作成
検索選択
半沢直樹 堺雅人 TBS ブログトップ

半沢直樹 堺雅人 TBS [半沢直樹 堺雅人 TBS]

堺雅人さん が型破りの銀行マン役で主演を務め、右肩上がりの高視聴率を記録しているTBS系ドラマ「半沢直樹」 の第8話が放送される。

小説「下町ロケット」 で直木賞を受賞した作家・池井戸潤さんの、人気小説「オレたちバブル入行組」 と 「オレたち花のバブル組」 が原作。

オレたち花のバブル組

金融庁検査の最中に、伊勢島ホテルの経営再建を危うくする事態が発生。「ここが正念場……」 と気合を込める半沢が、この危機をどう乗り越えるのか。

半沢は伊勢島ホテル社長の湯浅に、父である会長の更迭と資産の売却をさせた。金融庁検査を乗り切るため、伊勢島ホテルの120億円の運用損失の穴埋めをした。

ホテルが不良融資先として分類されるのを回避できたかに思えたが、検査の最中に再建の柱であるITシステム構築中の外注先 「ナルセン」 が破綻。

金融庁の黒崎から告げられ、ナルセンが破綻するとこれまでの110億円以上の投資が損失となってしまう。事態を重く見た銀行幹部は、半沢をホテルの担当から外す方向で話を進めようとする。

大和田常務と、半沢の本格的な対決がスタートする。半沢を出向という 「片道切符の島流し」 から守ろうと、銀行幹部らに食い下がる半沢の上司の内藤に対し、大和田常務は模擬検査を提案。

半沢の後任候補として自分の息のかかった融資部の福山を立て、模擬検査で一騎打ちをする。半沢が 「あんたこそ、大ばかだ!」 と言い放つ。

その相手は誰なのか。同時進行で進む半沢の同期・近藤の出向先、タミヤ電機の不正の行方も気になるところですね。

本部の営業第二部次長に栄転し、舞台を東京へ移した第6話。平均視聴率は関東地区29.0%、関西地区は視聴率32.8%となる。第7話ではついに関東地区でも30.0%の大台に達した。

ドラマ「半沢直樹」 は、毎週日曜午後9時から放送中!


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
半沢直樹 堺雅人 TBS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。