So-net無料ブログ作成
検索選択
渡辺謙 映画 許されざる者 ブログトップ

渡辺謙 映画 許されざる者 [渡辺謙 映画 許されざる者]

クリント・イーストウッドさんが監督、主演した1992年の映画を、渡辺謙さん 主演で、李相日監督がリメークした「許されざる者」 が13日から全国公開された。

オリジナルでジーン・ハックマンさんが演じた役を佐藤浩市さん、モーガン・フリーマンさんが演じた役を柄本明さん、さらにジェームズ・ウールベットさんの役を柳楽優弥さんが演じます。

許されざる者
厳寒の北海道を舞台に、濃厚な人間ドラマがつづられていく。
幕末の世に大勢の藩士を斬り “人斬り十兵衛” と恐れられた釜田十兵衛は、今は蝦夷地へ逃れ畑を耕しながら2人の幼子と暮らしていた。

そんな彼のところへかつての仲間、馬場金吾が賞金稼ぎの話を持ってくる。子どもたちの生活を思い、誘いに乗った十兵衛。

途中で沢田五郎というアイヌの若者が加わり、3人は目的地の鷲路を目指す。その鷲路の宿場町では、初代戸長兼警察署長の大石一蔵が絶対的な権力をふるっていた。

舞台が北海道でアイヌが関わってくる以外は、オリジナルの流れをほぼ踏襲している。そういった展開に戸惑う一方で、オリジナルが持つテーマの普遍性ゆえに舞台を置き換えても話は十分通用する。

最初から見抜いた李監督の、鋭い洞察力と感性に感嘆させられる。俳優たちも見事にハマっている。

渡辺さんはまねたわけではないだろうが、後ろ姿や所作顔のしわ1本1本に至るまでイーストウッドさんと重なって見える。

金吾役の柄本さんも、一蔵役の佐藤さんも、五郎役の柳楽さんもみな違和感なく溶け込み、憎いほど 「日本版 許されざる者」 という一つの枠の中にはまっている。

オリジナルはどこかユーモアとファンタジーをたたえていたが、今作はそういったものが一切なく痛々しさが漂う。だがそれがむしろ人間が背負った “業” を強く意識させ、雪深い北海道を舞台にしたことも奏功した。

映画「許されざる者」 は、 13日から全国で公開。
nice!(1) 
共通テーマ:映画
渡辺謙 映画 許されざる者 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。