So-net無料ブログ作成
検索選択
攻殻機動隊arise 声優 ブログトップ

攻殻機動隊arise 声優 [攻殻機動隊arise 声優]

士郎正宗さんのマンガを基に、声優陣スタッフやキャストを一新し全4話でアニメ化した 「攻殻機動隊ARISE」 の2作目となる 「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」 が公開中。

「攻殻機動隊ARISE」 は、黄瀬和哉総監督やシリーズ構成と脚本に作家の冲方丁さんなど豪華スタッフが顔をそろえる。アニメーターでメカデザイナーの竹内敦志さんが、第2話の監督を務める。

攻殻機動隊ARISE

自身の部隊設立を考えていた素子は、荒巻の要請で何者からかハッキングされたロジコマを調査のために移送する。道中、バトーやボーマ、イシカワら武装集団の襲撃を受ける。

武装集団は難民虐殺の罪に問われている混成78部隊の元上官ソガ・カズヤ大佐の無実を証明すべく、特殊軍事モジュールで電子的作戦を進めていた。

並列解除コードの複製が、ロジコマに隠されていたため破壊を狙っていた。

素子は、情報をもたらした米軍情報部エージェントのヴィヴィーや陸軍警察のパズ、海兵隊のエーススナイパーのサイトーをスカウトし反撃に出る。

第2弾の今作では新たなキャラクターなどが登場し、草薙素子がAI搭載の自立型支援車両ロジコマの破壊を狙う武装集団との戦いを繰り広げ自らがリーダーの部隊創設までを描く。

今作の見どころは、何といってもアクションシーン。3DCGを生かした大がかりな仕掛けやカメラワークなどはド迫力で、完成度の高さに驚く。

アクションにかなりの時間を割いているが、速度を一定にしたり長回しの音楽やスローモーションをはさむことで流れを引き締め物語を見やすくしている。

ストーリー的には素子の仲間集めというテーマがあり、攻殻ファンおなじみのキャラクターが次々と顔を見せるが登場の仕方が実に見事。

“素子対9課” というありそうでなかった展開に心がくすぐられる。親しみやすい存在として登場するロジコマの可愛らしさは、一家に一台(!?) ほしくなるほど。

「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」は、
全国で、13日まで期間限定で公開中。

nice!(0) 
共通テーマ:アニメ
攻殻機動隊arise 声優 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。