So-net無料ブログ作成
永作博美 私という運命について ブログトップ

永作博美 私という運命について [永作博美 私という運命について]

永作博美さん が主演する、連続ドラマ「私という運命について」 が放送をスタートする。

1990年代、大企業で女性総合職第1号として働く主人公・冬木亜紀が運命を切り開こうと生きる姿を中心に描くラブストーリー。

クロワッサン 2014年3/10号

永作さんは「運命を切り開いたと思えたときもあるし、ただただ流されたと思えたときもあるし、ちょっと休もうと漂流していたときもある」 と、人生を振り返る。

永作さんは、1989年に「ribbon」 のメンバーとしてデビューし女優業を開始。2009年4月に結婚し第1子、第2子を出産。

2012年に映画「八日目の蝉」 で、第35回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞している。

「若いときはいろいろ虚勢を張りながら生きてきた」 と、演じた亜紀について 「とにかく頑張り屋さん。でも、迷うときはあるし、進みたくても進めなくて泣きもする。本当に素直に生きている人」 と表現。

ドラマでは「恋愛」「結婚」「出産」、そして「死」 に対して亜紀が決断していく様子が描かれる。永作さんは「人は決断をしてからが始まり」 という。

ドラマは「ほかならぬ人へ」 で直木賞を受賞した白石一文さんの小説が原作で、白石さんの作品を初めて映像化することでも話題を集めている。

亜紀の元恋人の佐藤康を江口洋介さん、康の母親・佐智子を宮本信子さん。池内博之さん、三浦貴大さん、太田莉菜さん、森山良子さんらも出演。

監督は瀧本智行さん、脚本は岡田惠和さんが担当する。
WOWOWプライムで、23日から毎週日曜午後10時に放送。

nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
永作博美 私という運命について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。