So-net無料ブログ作成
池井戸潤 原作ドラマ ブログトップ

池井戸潤 原作ドラマ [池井戸潤 原作ドラマ]

社会現象にもなった 池井戸潤さん 原作の連続ドラマ「半沢直樹」 の終了から半年、今なぜ池井戸ドラマなのか。

「半沢」 と同じ制作陣が手がけたのが「ルーズヴェルト・ゲーム」、テーマは会社を守るための 「奇跡の逆転劇」 です。

ルーズヴェルト・ゲーム

「半沢直樹」 は銀行員が困難や理不尽な上司に立ち向かう姿を描いた小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」 をベースにしたドラマ。

最終回の視聴率は42.2%と平成以降の民放ドラマでは1位。決めゼリフ「倍返しだ!」 が流行語になったほか、番組オリジナル商品「倍返し饅頭(まんじゅう)」 は製造が追いつかない状態が続いた。

「ルーズヴェルト・ゲーム」は、経営危機に陥った中堅精密機器メーカーの存亡と会社が所有する社会人野球の名門チームの存続をかけた攻防戦。

緊迫する社内とチームの混乱が並行して映し出される。唐沢寿明さんが演じる主人公の社長の「お前はもう、ゲームセットだ」 のセリフも耳に残る。

企画は、「半沢」 とセットで約2年前に決まった。「逆転につぐ、逆転饅頭」などの関連商品も販売、番組を盛り上げる。

日テレは、「不祥事」「銀行総務特命」 を基にした 「花咲舞が黙ってない」。杏さん演じる臨店班に抜てきされた銀行員が、支店で起こる事件を解決するコメディータッチドラマ。

ちゃめっけたっぷりのタイトルにし、オリジナル商品「花咲舞が黙ってま煎餅」 を日テレの通販サイトで販売を予定するなど「倍返し饅頭」 を意識した。


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
池井戸潤 原作ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。