So-net無料ブログ作成
検索選択
オードリー 春日俊彰 ボディビル ブログトップ

オードリー 春日俊彰 ボディビル [オードリー 春日俊彰 ボディビル]

「オードリー」 の 春日俊彰さん が、「第22回 東京オープンボディビル選手権」 に出場しボディビルダーデビューを果たした。

1年間トレーニングを積み重ね、ムキムキマッチョに変身。本番直前の計量で制限体重を下回り、あわや失格というアクシデントを乗り越えた。

クイック・ジャパン Vol.99

見慣れた七三ヘアスタイルに、ブーメランパンツだけを身に着けステージに。持ちギャグ「トゥース」「鬼瓦」「カスカスダンス」「アパー」 を、次々取り入れたフリーポーズをさく裂。

続く規定ポーズ審査では、両腕の力こぶを作るダブルバイセップスなどボディビルダーらしいポージングで審査員にアピールした。

春日さんは、高校時代にアメリカンフットボールの関東代表に選ばれ、K-1 のリングにも上がったお笑い界屈指の肉体派。

「トゥース」 などのおなじみギャグを取り入れた “筋肉ポーズ” を決め、初出場のボディビル大会で鍛え上げた “ハト胸筋” をピクつかせた。

ボディビル日本選手権4連覇の経歴を持つ鈴木雅氏のもとで、トレーニングを開始。週3~4回のジム通いを続け、プロテインとささみを中心とした食生活で肉体美を作り上げた。

大会1週間前からは、日焼けサロンにも通い詰めた。入念な準備の末に迎えた大会当日、まさかのアクシデントが発生した。

エントリー締め切りには体重が87キロ、最重量級の「75キロ超級」でエントリーしていたが、本番前の計量で74キロを計測。

あわててバナナと白米、水500ミリリットルを胃袋に入れて何とか失格を免れた。同級出場者8人の中で、春日は上位4人に残れずに予選敗退。無念の結果に終わった。

「ネタだと、かんでもフォローできるけど、パンツ一丁なのでウソをつけない緊張感がありました。ボディビルダーはもともとの春日のキャラにも通じるし、いいと思う」 と、“本格筋肉芸人” への開眼を喜んでいた。
nice!(0) 
共通テーマ:芸能
オードリー 春日俊彰 ボディビル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。