So-net無料ブログ作成
検索選択
渡辺淳一 映画 失楽園 ブログトップ

渡辺淳一 映画 失楽園 [渡辺淳一 映画 失楽園]

直木賞作家の渡辺淳一さん が、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去。80歳でした。

映画化・ドラマ化もされた 「失楽園」 は、中年男女の不倫がテーマ。大胆な性描写で話題となり、250万部を超える大ベストセラーになった。

失楽園(上)

札幌医科大学卒業し、同大医学部整形外科教室講師に。並行して執筆を続け、同大学・和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした 「小説・心臓移植」 を発表。

寺内正毅首相をモデルとしたとされる「光と影」 で、直木賞を受賞し本格的に作家活動を開始。「ひとひらの雪」や、「化身」 などの恋愛小説を刊行。

「阿寒に果つ」「遠き落日」「桜の樹の下で」「別れぬ理由」「愛の流刑地」なども映像化。エッセー集「鈍感力」 は、小泉純一郎元首相が引用し流行語になりベストセラーにもなった。

映画版は、役所広司さんと黒木瞳さんが主演。ドラマ版は、古谷一行さんと川島なお美さんが激しい濡れ場を演じた。「失楽園」 は、流行語大賞に。

2003年に、紫綬褒章と菊池寛賞し、直木賞や吉川英治文学賞などの選考委員を務めた。札幌市に、渡辺淳一文学館があります。
nice!(0) 
共通テーマ:映画
渡辺淳一 映画 失楽園 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。