So-net無料ブログ作成
検索選択
花子とアン 平均視聴率 ブログトップ

花子とアン 平均視聴率 [花子とアン 平均視聴率]

吉高由里子さん が主演を務める、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」 の平均視聴率が24.8%を記録し番組の最高視聴率を更新。

第6週「腹心の友」の週間平均視聴率は23.1%を記録し、放送開始から6週連続で21%を超えたことが分かった。最高視聴率は、24.6%。

花子とアン

「赤毛のアン」などを翻訳した主人公・花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾万丈の半生を、中園ミホさんの脚本で描く。原案は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。

花子(はな) は、山梨の貧しい家に生まれ東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へと進んだ人物で、吉高さんが10~50代の花子を演じる。

第6週「腹心の友」 は、はなが出版社でアルバイトを始めたことをきっかけに翻訳家を目指す決意をする……という展開だった。

朝ドラ「花子とアン」 は、NHK総合で毎週月~土曜の午前8時から放送。

nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

花子とアン 平均視聴率 [花子とアン 平均視聴率]

吉高由里子さん主演の、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ) 「花子とアン」 の第5週「波乱の大文学会」 の週間平均視聴率は21.9%を記録。

放送開始から5週連続で21%を超えた。「花子とアン」 の期間平均視聴率は、初週が21.6%を記録し以降も好調をキープしている。

花子とアン

「赤毛のアン」などを翻訳した主人公・花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾万丈の半生を、中園ミホさんの脚本で描く。

花子(はな) は、山梨の貧しい家に生まれ。東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へと進んだ人物。吉高さんが、10~50代の花子を演じます。

第5週「波乱の大文学会」は、修和女学校の一大行事・大文学会で 「ロミオとジュリエット」 が上演されることになる。

はなが、脚本を翻訳するため奮闘する姿が描かれた。原案は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。

NHK総合で毎週月~土曜午前8時ほかで放送中。全156回。

nice!(1) 
共通テーマ:テレビ
花子とアン 平均視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。